親戚間でのナァム継承順位は?

出典: MikenekoWiki

以下の順序と思われます。
なお、同一順位の中の順番は、原則として年齢の順で、双子の場合は先に生まれた方が上位です。
また、養子や再婚相手の子どもなど、義理の関係でも継承権自体は付きます。ただし、家系図の並びが必ずしも年齢順にならないことから、同一順位の中での順番が年齢順にならない可能性はあります。(未確認)

  1. 子ども、孫
    子どもが複数人いる場合、次のように順位付けされます。
    1. 1番目の子
    2. 1番目の子の1番目の子
    3. 1番目の子の2番目の子…(以下、1番目の子の末っ子まで)
    4. 2番目の子
    5. 2番目の子の1番目の子
    6. 2番目の子の2番目の子…(以下同様)
  2. 兄弟姉妹(通常は、弟/妹)
  3. 配偶者
  4. 甥/姪
  5. おじ/おば
  6. いとこ

(注:配偶者以下の順位は要調査)
なお、ナァムの子または孫以外がナァム継承権を得るには、「未成年、または同一ショルグに所属」という条件があります。