[ 2004年12月 | 戻る | 2005年2月 ]

ドクダミ日記

1月29日

…夫がエライ風邪をひきましてねぇ。熱の出方から考えると、インフルエンザではないみたいなんですが。いっそインフルエンザなら、病院に隔離できるんですけどねぇ(<ぉぃ)
うつされると、非常に迷惑なので、できるだけ近寄らないことに決定。リビングのコタツで寝ることに。26日の日記に書いたように、楕円形のコタツなので、長い方を使うとちょうどよく寝れるんだな、これが。
ダミちゃんも、いつもは夜になると寝室に「回収」するのだが、風邪がうつるといけないので、リビングを開放。…人間の風邪って、猫にうつるんだっけ?

そして、いつもと違うダミちゃんを発見したのでした。
いや、もう、夜中動き回るんですよ。なまじ玩具も出しておいたから、ガサガサチリチリ、音も出るし。
でも、しっかり寝ましたがね。血液型B型だから(笑)

1月26日

コタツ布団を一回り大きくした。実はうちのコタツ、ちょっと変わっていて楕円形をしている。なので、なかなか合うサイズの布団がない。でも、たまたま手に入れたキルトのマルチシート(たぶん、ソファーに掛けて使う物だと思う)が絶妙のサイズだったのだ。
その結果…。ダミちゃんは、コタツの中で、今までより余計に寝返りをうつようになった。まさに縦横無尽。

1月22日

ようやく仕事が一段落。
すると、夫が、日帰り温泉に行こうと言う。前に誘った時には、全然乗り気ではなかったのに…。これはきっと裏があるに違いない。本人は「ない」と言っているが。

それはさておき。

ダミちゃんをお留守番させておいたのだが、うっかり予定より帰りが遅くなってしまった。それでも6時前だが。
帰ったら、廊下までお出迎え。廊下に面したドアを開けたら、足元に擦り寄ってくる。かわいいのぅ(親ばか)
…と思ってたら。
まもなく遠い側のトイレに走っていった。どうしても、廊下を通らなくても行けるトイレはイヤだったらしい。

1月15日

今日のダミちゃんとの会話(推定)

ダミ:トイレ行く〜。行かせろ〜。
私 :トイレなら、そこのを使いなさい。
ダミ:イヤだ〜。向こうのトイレがいい〜。
私 :しょうがないねぇ…。
ダミ:寒い〜。暗い〜。
私 :だったら、こっちの暖かい部屋のトイレを使いなさい。
ダミ:イヤだ〜。向こうのトイレ、一緒に来て〜。
私 :………(呆れて物も言えねぇ)
ダミ:一緒〜♪

こうして、私を引き連れてトイレに行ったダミちゃん。用を足している最中…

私 :(じゃ戻ろうかねぇ)
ダミ:(はっ。置いて行かれちゃう…)
私 :(電気は点けておくかねぇ。どうせ掃除しないといけないし)
ダミ:(…ほっ)

その後…

ダミ:終わったー♪ 掃除♪ 掃除♪

…猫としてどうなんですか、この子は。

1月14日

新年早々日記が滞っております(平伏)
いやー、もう、ダメダメ度が去年より増している感じで…。目標の半分くらいしか仕事が進まんのですよ。でもダミちゃんは元気なのでご安心を。
ちなみに、今は、福袋に入っていた膝掛けが入っていた箱(長いな…)がお気に入りの様子。浅すぎて、全然体は収まってないんですが。

1月8日

実家から母親が届け物に。ダミちゃん、早速警戒。
だが、しかし。今日は警戒はするものの、近づいても逃げない。のみならず、手を出したら、臭いだけ嗅いでいた。
その後、コタツに潜って二度と出て来なかったが。手を入れて撫でたら、最初の3秒は我慢していたようだ。その後、届かない所まで逃げたらしいが。
留守番を頼めるまで、もう少しだな。うん。

1月6日

あけましておめでとうございます(遅っ)
今年のお正月は、珍しく、年をまたいだ仕事もなく、一方で夫の仕事がテンパってたので帰省もせず、年賀状も去年のうちに全部出し(これは本来、当たり前だろう)、割と余裕のあるお正月を過ごせましたことよ。
とはいえ、近場の親類の家に行ったり、朝から福袋買いに並んだりしたので、それなりにダミちゃんには寂しい思いをさせましたが。

ちなみに、今年の福袋の収穫は、並んだ甲斐あって、お気に入りの某ブランド婦人服一揃い1万円(普通に買ったら3万円くらい?)。某量販店の1万円福袋に、欲しかった電子辞書が入っていたのもラッキー(夫によると、安い店で実売価格1万3千円くらいらしい。これだけで元がとれた)。

ダミちゃんには、某百貨店の特別企画「猫ふれあい広場」併設の売店で買ったランチョンマット(床が汚れないように、餌皿の下に敷くマット)をお土産にしました。気に入ってるかどうかはわからんです。