[ 2004年3月 | 戻る | 2004年5月 ]

ドクダミ日記

4月28日

ダミちゃんは、夜寝る時に、寝床まで「運ばれて」行く。文字通り、別の部屋に逃げ込んだり、椅子の下に隠れたりしながら、結局は寝床のある部屋まで「抱かれて」運ばれて行って、寝る。
かわいいのだが、猫としてどうかとは常々思っている。

さて…。

今日は、こともあろうに、昼寝をするのに「運ばれ」たがっていた。
私が昼食を終えると、それまで椅子の上で丸くなっていたのに、姿勢を正してこっちを見る。
「時間的に、遊びたいわけじゃないよなあ…」
と思って、試しに抱えてベッドの上に置き、私も寝てみた(<ツッコミ不可)

…当たり前のように人にもたれて昼寝するダミちゃん(爆)

ますます、これは猫としてどうかと。

4月27日

うちは幹線道路に面しているので、防音効果の高い窓が入っている。
なので、外が台風のように荒れていても、あまり気にならない。
気にならないから、気が付くのが遅れて、植木鉢が飛んでたりする(滅)

そういうわけで、大荒れになった後、慌てて植木鉢を片付ける。フード付きの合羽装備(<タダ券貰って野球観戦に行ったら、微妙に雨模様だったので、球場で買ったシロモノ)
ダミちゃん、怪しい格好の人物(=私)が、恐い音(=風雨)が響く中、ウロウロするものだから、腰がひけてる。かわいそうなくらい小さくなって、家中逃げ回るのだが…。
だったら、安全な場所でじっとしてろ、と思うのは私だけだろうか?

4月26日

午後の仕事に備えて、昼寝をする(<またか…)
リビングの床で寝ると、後で節々が痛くなるので、ちゃんとベッドで寝る。ただし、こっちで寝ると、うっかり寝過ごす可能性があるので要注意>自分。
さて、ダミちゃんはというと、リビングの隅の椅子でお昼寝。しかし、しばらくして、私が寝室に行ったのに気が付いたらしい。
「うにゃ」
とか言いながらやって来て、当然のように布団に潜り込んできた。これはかなり珍しいぞ。
そして、私の脇の下辺りに収まると、満足そうに毛繕い。その後、私の二の腕にしがみつくようにして寝た。…しかも、寝言まで言ってる。可愛すぎるぞおっ!

こうして、起きるタイミングを逸した私は、普段の3倍くらいの時間を昼寝に費やしたのであった。仕事の進捗は聞くな。

4月21日

(これを書いているのは4/21じゃないけど、気にしないように)

えー…。実は、今まで黙っていたけど、私はTM Networkのファンです。
というわけで、20周年記念ライブに行ってきました。…20年か…。道理で私も年をとるはずだ…(遠い目)

久しぶりなので、準備にも気合いが入ります。当然、ダミちゃんは異変を察知します。
…うわあ。いつもならお昼寝の時間なのに、後ついて回って離れないよぅ…(涙)

とはいえ、チケットを無駄にする気はないので、心を鬼にして外出。帰ったのは日付が変わるちょっと前。会場が近くて良かった。
ここ数日、ストレスが多いダミちゃん。出掛ける前に出しておいた食事なんて…

完食。

…ストレスと食欲は関係ないのね…。

4月20日

ついこの間、縄張りを侵害されたダミちゃん。いつもより多く甘えております(笑)
ところがっ。ここにまた、通販でDVDプレイヤー(レコーダーだっけ?)を頼んだ阿呆がおりました。
飼い主のぬくもりが残る毛布で(なぜ残ってるかは気にするな)、幸せそうにお昼寝をしていたダミちゃん。「ピンポーン」の音で目はまん丸。
そして荷物を受け取って戻ってきたら…。
震えてるぞ、お前。
どうやら、かなりのストレスだったようです。

4月18日

昨日は、マンションの「2年目点検」というものであった。要するに、2年住んでみて、欠陥が見つかったら直してくれるという制度らしい。
…つまり、ダミちゃんがうちに来てから2年ということか…。

さて、点検してもらうには、係の人を家に入れなくてはいけない。ダミちゃんの大事な縄張りが侵害されてしまうのだっ。
しかも、昨日はちょっと災難だった。

その0。事前の申告書みたいな物に、夫がわけわからんことを書いたので、一昨日のうちに「先に見せてほしい」と係の人が来た。ダミちゃん、びっくりしてテレビ台の陰に隠れる。

その1。いよいよ点検。前日の記憶があるのか、ダミちゃん、テレビ台に同化していた(笑)

その2。やっと点検の人が帰ったと思ったら、宅配便が。ダミちゃん、チャイムが鳴ってから、壁際でブルブル震えていた。

その3。やめときゃいいのに、昼食に宅配ピザを頼む。夫が応対している間、ダミちゃん、私の足に張り付いて離れない。

その4。こういうのは重なるらしく。今度は書留が。ダミちゃん、部屋の隅で硬直。

その5。またやめときゃいいのに、夕飯に出前を頼む。少し落ち着いてコタツに潜っていたダミちゃん、覗いてみたら、目をまん丸にして警戒していた。

その6。午前中とは別の会社の配達が。ダミちゃん、コタツの中から出てこない。その後、廊下へのドアを開けっ放しにしておいたが、頑として廊下には出なかった。

よほど恐かったのか、今日は、一日、私の膝で過ごすダミちゃんであった。

4月15日

特注品の首輪が届く。迷子札一体型で、約5000円。…私の持ち物より高い。
ちなみに、革の首輪に金属製(真鍮?)の名札が付いていて、名札に名前と電話番号が刻印されている。だから、適正価格だとは思う。そうじゃなきゃ買わないし。
早速付けてみたら、なかなか似合う。夫いわく
「これだけ立派な迷子札なら、大事にされていると思って、見つけた人も電話してくれるだろう」
だそうだ。

4月13日

もういい加減、床暖房を入れる季節ではなかろうと。しかし、うちは全室フローリングだ(笑)
ダミちゃんは床が冷たいらしく、椅子の上に定着。
しかも、人が立ち上がった直後の、人肌に温まった椅子がいいらしい。
こうして、私は今日も、椅子を乗っ取られている(遠い目)

4月11日

夫に「あんたのイビキのせいで、あたしゃ寝れないんだ。一度医者に行け」と言ったら、「自分こそ、夜中にうなされて、息が止まってるぞ」と言われた。…ということは、無呼吸症候群か、あたしゃ。道理で昼間眠いわけだ。

というわけで、今日も元気にお昼寝(爆)

すると、隣の部屋で寝ていたダミちゃんが「みゃ〜〜〜」とか細い声をあげながら、私の上に乗ってきた。そして、顔を覗き込んで、納得した様子で、人の上で「地ならし」を始めた。

…待て。

ならしおわったところで、改めてお昼寝。ええ、私の上で。5kgの猫が。重いよ、これは。
でも、その後、きっちり私も寝ましたが(笑)

4月7日

どうにか落ち着きました。仕事蹴ったんで、今後の生活考えると微妙に不安だけど(汗)
でも、ダミちゃんも、飼い主がイライラしているとストレス溜まると思うんだよねぇ。だから、ダミちゃんのために…(<言い訳度200%)

4月4日

…ふぅ。4/1に、エイプリルフール記念一日限定ページとかやりたかったなあ…。
いや、そんな暇あったら、寝ないと死ぬぞ、自分。

えー、ダミちゃんは元気です。遊んであげる時間が少なくてかわいそうなんだけど、彼は彼で何か認識しているのか、一人でどたどた駆けてます。
あっしの仕事中に膝で寝ているので、愛情は足りているようです。はい。