[ 2004年1月 | 戻る | 2004年3月 ]

ドクダミ日記

2月29日

ダミちゃんの玩具。ネコジャラシの先にリボンが付いていて、振ると音が出るようになっていた(過去形)。
しかーし。古くなってきて、リボンがボロくなったので、思いっきり振らないと音が出なくなってしまった。
これを、気合い入れて振ってたら…。手がつりました(爆)

教訓。物を大事にするのもほどほどに。

2月25日

この前、コタツにしばらく入った後、電源を切って行動再開。ダミちゃんはコタツの余熱でポカポカお昼寝。

さて…。

いい加減、余熱も冷めてきた頃。ダミちゃんがコタツの中から出てきました。
そして、不服そうに鳴きながらうろうろ。
まあ、ここまでは予定通りですな。

突然、コタツの電源(中間スイッチ)を前足でペシペシ。
「これなんだよ。これを動かすと、暖かくなるんだよ」…と言ってるのかどうかは知らんです。

2月23日

ダミちゃん写真集を更新。
…。
……。
………。
…………半年ぶりって…(爆)

いや、写真は撮ってるんですが。さすがに毎日はないけど、毎週撮ってますな。だいたい。
それも似たような写真ばかり撮りやがるのがいまして(夫だ)
うわー。半年ぶりだよ。整理するのを考えただけで気が遠くなりますわ(遠い目)

というわけで、結局、1ページ分しか更新してないです。

2月22日

今日は猫の日です。…だからと言って何もないですが。
ってゆーか。猫の誕生日だって別に何もしないし。
まあ、少しは美味しい物でも…と思ったら、「夕飯ローテーション」によると、冷蔵庫にしまってあった猫缶の日だったりするわけで(爆)
とりあえず、夕飯の時間までに何か考えますかね。

2月21日

某漫画家さんの同人誌が届く。今回は「猫本」らしい。
………。
いや〜。共感できたわ(笑)
猫にも色々個性があるわけですが、この猫はダミちゃんに通じるものがありましたな。

2月18日

…確定申告が…(げふっ)
まあ、そんな感じで、飼い主の方が疲れている今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
この情緒不安定(なんて大袈裟なもんじゃないけど)がダミちゃんにもうつった様子。
やたら鳴くわ叫ぶわ怯えるわ。どうしたもんだと思っていたら、ついに…。

お粗相しました(爆)

それも、よりによってキッチンで。しかも、私が洗い物している横で。手、濡れてたら、トイレに運べんでしょーがっ。
こっちが焦っているのを横目に、見せつけるように大きいのをしてくださいましたともさ。
…大きい方が掃除が楽なので、助かったと思ったのは内緒。

2月16日

嘉門達夫の「鼻から牛乳」が頭の中から離れない今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?(<お前だけだ)

猫缶は「総合栄養食」に決めている我が家では、だんだんレパートリーが乏しくなってきました。
「これは美味しいかも」と思う猫缶は、だいたい「一般食」なんだよねぇ。
カリカリが「総合栄養食」なんだから、猫缶くらい嗜好性が高い「一般食」にしてもいいと思うんだけど。
飼い主が「こだわりを持つ」タイプだと、猫も苦労するよねぇ…。

2月14日

それは昨日のこと。(昨日のうちに書けという指摘は却下)
年に2回の火災報知器の点検がございました。
うちは、巡回の最初に当たるらしく、予告開始時刻ぴったりに係員が…

「ぴんぽーん♪」

さあ、ダミちゃん、大変だ。
まず、チャイムの音で臨戦態勢…と言うよりは逃げ腰。
リビングにダミちゃんを置いたまま、廊下へのドアを閉めて、リビング以外の部屋の点検。
そして、リビングに入ったら…、ダミちゃんがいない。どこだ? …ミニコンポの裏だ(爆) いまだに、なぜそんな場所に隠れたのかわからないんですが。尻も耳も見えるんですが。たぶん、本人(猫)は隠れたつもり。
ガタガタしてるのをなだめていると「ベランダの避難梯子の点検をする」とのこと。
係員が靴を取りに行っている間に、ダミちゃんを寝室へ。自ら部屋の奥へダッシュ。

ベランダの点検が終わり、係員が帰ったところで、ダミちゃんの様子を見ると…。ベッドと壁の間にすっぽり収まって、部屋の外の様子を窺っておりましたとさ。

2月11日

…世間的に、今日は休日ですな。あたしにゃ関係ないけどさ(ふっ)
というわけで、夫が家にいます。休日出勤しなくていいのか疑問なんですが。
で、夫がコタツに入っていると…、ダミちゃんが遠巻きに…。

「そこは僕の場所にゃ〜〜〜」

とでも言いたげに眺めておりましたとさ。

2月8日

…ああ、日記を書こうとすると、なぜか邪魔が入るよ(遠い目)

金曜日だから、一昨日ですな。歯医者に行きました。
さて、歯医者に行こうとして、用意を始めたところ…

がっしゃーん☆

…え? ダミちゃん、どっかにぶつかった?
慌てて来てみたら…

カップに半分くらい残っていたはずの紅茶が、一瞬のうちに消えておりました。

…はい。中身が入ったまま置きっぱなしにしていた私が悪いです。
でもね。机の上に乗ってはいかんと、何度言わせるのだ(滅)

おかげで、歯医者は遅刻寸前。
出掛けようとすると、的確に察知して、邪魔してくるとは…。恐るべしダミちゃん。

2月4日

日が差している間は割と暖かいので、暖房は入れていない。
やがて寒くなってきて、そろそろ暖房を入れようかな〜と思った頃、ダミちゃんが膝に乗ってくる。

…うーむ…。いいのか?それで。
ダミちゃんが膝に乗ると、立ち上がれなくなるから、暖房がいつまで経っても入らないのだよ?

2月2日

…寒くてやってられねーっす(爆)
さて、床暖房を入れても「寒いんだよ〜」と文句を言うダミちゃんのために、コタツもご用意いたしました☆
が、やがて忘れて、「私が寒いから」エアコンの暖房を入れました。
ふと気づくと、ダミちゃんはコタツから出て、エアコンの温風の当たる場所へ…。