[ 2002年3月 | 戻る | 2002年5月 ]

ドクダミ日記

4月30日

昨日の日記に、ちらっと書いた「バージョンアップ版おもちゃ」だが…。
前のより、ふわふわの部分が長くなっている。この辺がバージョンアップ。

で、どのくらいダミちゃんが気に入っているかというと…。
人の顔を見るたびに
「あのおもちゃで遊んで〜」
と鳴きわめく。
…なんでセリフまでわかるかって? そりゃ、おもちゃ出した後の目の輝きを見れば(笑)

4月29日

今日は、妹が遊びに来た。自称インテリアコーディネータなので、新居を見たいのが半分。猫を見たいのが半分らしい。

なんとびっくり。今日は、ダミちゃん、隠れなかった。
のみならず、妹の手をなめようとして…
「…みぎゃっ? 間違えたっ?」
と驚いていた(笑)

さらに、昨日夫が買い直したおもちゃ(微妙にバージョンアップ)を出したら、妹と遊んでるじゃないかっ。
さすがに、我々が相手をしているときほどのテンションの高さはなかったけれど。
少なくとも、我が家に来た「他人」の中では、初めてダミちゃんに遊んでもらえた人物である。

4月28日

昨日の無理(は?)がたたったのか、風邪で寝込む。
当然、本人は知らなかったが、ダミちゃんが「お見舞い」に来てくれたらしい。

…ええ話やのぅ(涙)

…なんてことは、たぶんなく、「てめぇ、俺様のベッドで寝てんじゃねえっ」と言いに来たんじゃなかろうか? 知らんけど。

4月27日

某、倒産しかかったデパートがリニューアルオープンしたとかで、早速行ってみる。…ふっ、物好きな>自分

目指すは、ペット用品売り場。レアなおもちゃがあるかもしれないっ。
…ありませんでした(苦笑)

とりあえず、ダミちゃんお気に入りのウサギ毛ふわふわが壊れてしまったので、紐なしで一人で遊べる「ふわふわ」を買ってみる。
帰ってきて、早速与えてみると、やはり気に入ってくれたよう。
…最初はね(苦笑)

動かないのが気に入らないらしく、手(前足)で突っついては、こちらを見る。たぶん「動かせ」と訴えているに違いない。
なので、ちょっとつまんで動かしたり。

夫いわく「そのうち流血するぞ」。…たぶんね。

4月26日

ダミちゃん、新しい遊びを覚える、の巻。

ラグの下に、自分の手(前足)を入れる。
その手(前足)を、動かす。
ラグの下に、何かがいるように見える。
それを、反対側の手(前足)で追いかける。
ラグの下の手(前足)も、それにつられて動く。
…………(以下、エンドレス)

自分の手(前足)だということを、理解しているかどうかは不明。でも、少なくとも、これは楽しそうに遊んでいる。

4月25日

ダミちゃんのお気に入り、ふわふわウサギ毛の猫じゃらしが、ついに崩壊。
まー、300円だしね。耐久性としてはこんなもんでしょう。
でも、そんな壊れた「ふわふわ」を、大事に抱えてる姿が、なんとなく涙を誘うような…(大げさな)

4月24日

「迷子猫を探してください」というチラシがポストに入っていた。
見れば…。

ダミちゃんそっくり(爆)

よく見ると、特徴的な顔の「ぶち」がないので、別猫だとわかるが、それ以外は、「大柄で尻尾が長い」というところまでそっくり。

でもね。飼い主には「全然違う」ってわかるの。不思議でしょ?

4月23日

…猫って、喋るよね?(ぼそっ)

4月22日

ダミちゃんを膝の上に乗せてお仕事。
…重い。重すぎるっ。
体重を量ってみると、なんとびっくり4kg超。見た感じ「デブ猫」ではないのに。ちなみに、日本猫の場合、上限5kgとお考えになると目安になるでしょう。

全体的に、ダミちゃんは「大きい」らしい。初めて見る人は、みんな「もっと小さいと思った」と言うもん。
絶対、父親はボス猫だったと思う。

4月21日

疲れてたので、床に寝てみる(ぉぃ)
コタツ(さすがに、電源は入れてないです。猫の隠れ家用に、布団はかけてあるけど)に潜っていたダミちゃん。そーーーーっと出てきて、私の顔の臭いをかいでみたり。
そこでおもむろに目を開けてみたら…。あわてて後ずさり。

…なぜ?

4月20日

…眠いんです。昨夜、寝るの遅かったから。
ダミちゃんも、寝るの遅かったんだけど。猫だから。夜寝なくても、昼寝てるから。やっぱり朝ご飯の時間は、いつもと同じ。
この場合、やはり、人間が合わせるべきですね。そうですね。その方が健康的ですね。でも、それができない自分が、ちょっとだけ好き♪(ぉぃ)

4月19日

最近、ダミちゃんは凶暴になってきたような気がする。
コタツに潜るのはいい。でも、コタツの中で、人の足を噛むなぁっ!(心の叫び)
「運動は大切だから」と、暴れさせすぎたか?

4月18日

ダミちゃんの運動会の巻。

ダミちゃんが「体を動かしたいなー」という雰囲気を漂わせているときに、ふと目の前で身をかがめてやると、追いかけっこができる。…いや、やりたくないけど。
で、夫がやると、ダミちゃんは尻尾をふくらませて(=怯えて)逃げる。
私がやると、軽くステップを踏みながら、ちょっと後ずさってから逃げる。

…勝ったね♪(<何が?)

4月17日

最近、夫は残業続きだ。…ぶっちゃけた話、こっちが普通で、今まで早く帰って来ていた方がだったのだけど。
そうなると、ダミちゃんと遊べる時間が減る。ダミちゃんは遊びたい。…私だって遊んであげてるけどさあ。彼の頭の中では、「それとこれは別」らしく、私がいくら遊んであげても、それとは別に、夫とも遊びたいのだ。

そこで、夫が編み出した「短時間で満足させる技」。それは「全力疾走」。
猫じゃらしをコタツの周りでぐーるぐる♪
追いつけそうで追いつけないスピードで回し、全力疾走させ、疲れさせようという魂胆。ハムスターの「回し車」状態。

さて、一見成功したかに見えたこの作戦。たしかに、ダミちゃんは静かになる。疲れて。でも、楽しくはないらしい。
その後、夫が近づくと、なぜか威嚇の鳴き声。夫がいなくなると、猫アスレチックで一人遊び。…嫌われたな(ふっ)

ちなみに、後で足の裏を見てみたら、粗い糸で織られたラグの上で全力疾走したせいだろう。肉球が腫れていた。そりゃ痛かろう。夫よ、反省したまえ。

4月16日

ショパンの(…だったよな?)「子犬のワルツ」というのは、子犬が、自分の尻尾を追いかけている姿を曲にしたそうで。
でも、そんな姿は、そうしょっちゅう見るものではない。

ダミちゃんは、やる。

尻尾が長いから、というのは多分にあると思う。結構真剣に追いかけている。
楽しいかどうかはわからない。あんまり楽しそうに見えないので(笑)

4月15日

…今気が付いたけれど、ダミちゃんのページ、トップからリンク張ってないじゃん(苦笑)
ダミちゃんネットアイドル化計画(嘘)のためにも、早く改築せねばっ。

4月14日

うちで絨毯のたぐいを敷いていないのは、猫の毛がついて掃除が大変というほかに、もう一つ理由がある。
それは、夫が
「絨毯やラグを敷くと、フローリングの表面が傷む」
と言うから。

さて、現在のフローリングの状況だが…。ダミちゃんが走り回るときに爪を立てるので、擦り傷が目立ち始めてきた。
夫よ。ラグで傷むのと、猫の爪で傷むのと、どちらがいいか?(苦笑)

ってなわけで、ラグを敷く許可が下りた。(笑)
買うときにも、滑り止めがどうの、折り畳めないとどうのと色々うるさかったのだが、結局「ないよりマシ」くらいな薄手のラグにした。だって、これから夏に向けて、毛足の長いのは暑苦しいと思って。
それでも、ダミちゃんは、だいぶ走りやすそうだ。そして、既に、爪をひっかけた跡ができている。せめて1シーズンくらいはもってくれよ。

4月13日

「ダミちゃんお散歩大作戦」開始から約10日。
もうすっかり慣れました。
ここ数日は、自分から散歩を催促するくらい。
今日なんて、ひも付ける前に飛び出して…。…お願い。それは危ないからやめようね(涙)

はっきり言って、うちは、外の方が暖かいんですな。暖房費倹約してるから。
そして、葉っぱが風に揺れるのにじゃれつくのも楽しいようで。
さらに、虫を追いかけて…死なせたり(汗)

だんだん野生化しているような気がするのは、たぶん気のせいだけじゃないです。

4月12日

気が付けば、ダミちゃんが来てから1ヶ月が過ぎた。
今、ダミちゃんは…。どうやら、コタツにもぐって、顔と尻尾だけ出しているようだ。…ん? 顔はいいとして、尻尾? なんで?(笑)

4月11日

ダミちゃん、受難の日、再び。
でも、今日は大人一名だから。…って言うか。娘が仕事でハマってるときに、わざわざ猫見に来るか、母よ(苦笑)

どうせなら、私の代わりに遊んでいてもらおうと思ったが、甘かった。
見るなり、尻尾の直径が当社比1.2倍に。部屋の隅に逃げ込んだのを、無理矢理引きずり出したが、今度はコタツの中に。

で、ここからが本題。
コタツ布団から顔を出したダミちゃん。客人が見えないので「やれやれ、いなくなったか」と出てきたのに…。ふと振り返ると、まだいるじゃないか!
「みぎゃっ?」
と飛び上がって、3歩後ずさり。

ちなみに、その後、飼い主と共に昼寝。飼い主、そんな暇ないんですけどぉ(泣)

4月10日

昨日の草は、やはり「オリヅルラン」だったようです。
ダミちゃんも、さんざん食ってるけど、お腹壊してません。というか、むしろ元気。元気すぎ。

さて。
ダミちゃんのトイレを掃除する。もちろん、「出たらその都度」の掃除はしているのだが、今日のは、ちょっとすごいよ? トイレ砂を一度全部捨てて、空いたトイレを水洗いして、乾かして、新しい砂を入れるという大掃除。
慣れれば大したことないのだろうけれど、初めての体験。ちなみに、昔飼っていた猫は、半分放し飼いだったので、猫トイレなんかなかった。庭のプランターでしてたから(笑)。あ、もちろん、自宅の庭ね。

てなわけで、午前中が潰れる。いいけどさ。どうせ、午前中は仕事にならないし。

4月9日

猫草がまだ育ってないので、代用品として「オリヅルラン」を買いに行く。
なぜ「オリヅルラン」なのかというと、本に、これが猫草の代わりになると書いてあったから。
草によっては毒があるので、やたらな物はやりたくない。

もっとも、隣の山で雑草を抜いて来る方が、確実で安上がりなのだが(笑)
幹線道路に面した他人の山に入り込んで、草むしりをするほどの勇気はなかったのだよ。

さて、園芸店へ。オリヅルランは…。どれ?(爆)
うーむ。見たことはあるぞ。たぶん、これだと思う。でも、こんなに葉っぱ、長かったか?
いや、あれは水栽培だったからな。ちゃんと育てるとこうなるのかもしれない。
だが、間違って毒草を与えたらどうするんだ? 店員に聞く? 平日の午前中なのに、なぜか客の入りがいいもんで、誰も手が空いてないぞ?
それに、ペットショップでもないのに「猫に食わせる草をくれ」なんて言うのは、ちょっと気まずくないか?

などと逡巡しつつ、自分の勘を信じることにした。うん。これは昔育てていたオリヅルランに違いない。…枯らしたけどな。

4月8日

ダミちゃんの元気がない。
お気に入りのおもちゃで遊んであげようとしても、ノリが悪い。そのくせ、人の足にまとわりついて離れない。
食事も半分くらい残す。…後で残りも食べてるけど(苦笑)

おそらく、昨日の精神的ストレスがまだ癒されていないのだと思う。
病気だったら、残りの半分は食べないだろ?(笑)

4月7日

ダミちゃん、受難の日。
新しいマンションを見に、一族郎党総勢8人が我が家へ。うち3名が子ども。うち2名が猫目当て…。
どこに逃げてもお子さまの魔の手がっ(笑)
布団めくってまで猫探すのは、さすがに家主的にも「勘弁して」だったけど。
このまま人間不信に陥ったらどうしようかと思ったが、お客さんが帰ったら、飼い主と一緒にお昼寝(ぉぃ)
どうせ、そのうち忘れるに違いないです。はい。

4月6日

「猫アスレチック」という物をご存じでしょうか?
「キャットタワー」という名前のこともあり。「キャットアスレチック」と呼ばれることもあり。
要するに、柱に棚とか箱を付けた、猫がよじ登るために作られた家具なのでございます。

かねてから、夫はこれが欲しかったそうで…。ええ、夫が。猫がこれによじ登る所でも見たかったのか。
で、注文していたのが届きました。約4万円(笑)
しかも、重い。宅配のおじさん、嫌そうな顔をしていたそうな。
組立に30分。完成したら、我が家で一番立派そうな家具に(大笑)

さて、ダミちゃんの反応だが…。こいつ、ほんまに猫か?
バリバリに興味は示す。上にも上りたいらしい。が…。怖くて上れないらしい(爆)
そして、上れば上ったで、今度は下りられない。
さらに、足場の狭い場所があり、見事に足を踏み外していた(苦笑)

ま、せいぜい野生のカンを取り戻してくれたまえ。

4月5日

先月、大きなペット用品店に行ったときに、「猫草の種」を買った。
正式名称は「エン麦」。その辺に生えている、尖った葉っぱの雑草…だと思う。雑草でなかったとしても、雑草によく似た草だ。
猫は、毛玉を吐くために、こういう草を食べる。…意味がわからん? 別に重要な話じゃないので、適当に聞き流すように。

さて、その種が、やっと芽を出してくれた。暖かければ数日で発芽するはずだったが、まだ寒かったようだ。
ここから、さらに10cmくらいに育つと、食べ頃になるそうだ。早く育て♪

4月4日

ダミちゃん、お散歩大作戦。
胴輪を付けて、ひも付けて、ベランダへ。…出ない。なので、抱きかかえて外へ。…速攻で「伏せ」態勢。
そうか、イヤか、外は。

そのまま、エアコンのホース(爆)にくくりつけ、洗濯物など干してみる。
ぼけーっと眺めるダミちゃん。そのうち…寝た(ぉぃ)
一応、暖かくて気持ちがいいらしいが、猫の性質上、進んで「なわばり」外には出たくないらしい。
まあ、ぼちぼち慣らしてみようかと。

4月3日

さて。昨日、ベッドを入れ替えたのだが、背もたれがなくてかわいそうな状態に。
そこで思いついて、あまり使ってくれないペット用ホットカーペット(折り畳み可)を、テーブルの下に置き、壁に一辺を立てかけてみた。
絵に描くとわかりやすいのだが、面倒なので省略。

これはヒット。
放っておいたら進んで「埋まって」いる。いつもなら、顔を見せると飛んで出てくるのだが、出てこないで「呼ぶ」くらいに気に入ったみたいだ。
…いつまで「もつ」か知らないけど。

4月2日

ダミちゃんのベッドの下を掃除する。ダミちゃんが来てから、初めての掃除だ。ひでぇ(笑)

ついでなので、ふかふか毛布も天日に干してみる。スケルトン状態になったベッド椅子を見て、ダミちゃんは悲しそうだ。

ちなみに、この椅子、ものすごく大きい。はっきり言って邪魔。
なので、小さなテーブルを代わりに使うことに決定。
毛布を取り込んだときに、さりげなく入れ替えておく。

が…

テーブルには背もたれがなかったのだよ、べいべー。
「埋まる」場所がなくなってしまって、ダミちゃんは不満そうだ。

4月1日

最近、ダミちゃんの様子がおかしい。
…だって、ご飯、残すんだよ? 5粒くらい(笑)

「あのさー。ここに来てから、ずっと同じカリカリなんだよー。猫缶はときどき変わってるみたいだし、おいしいからいいけど。カリカリは、飽きちゃうんだよー」
とでも言いたいのか、君は。

ま、たぶんそうなんだろうね。猫らしくなったというか。
昔飼ってた猫は、カリカリに猫缶トッピングすると、猫缶だけきれいに削ぎ落として食べてたからね。