2005年3月上旬

3/1:マタタビ

今日は写真なし。楽しみにしていた人(がいるかどうかは知らないけど)、申し訳ない。

さて、昨日は久しぶりに、ダミちゃんにマタタビを与えてみた。
ものの本によると「あまりマタタビを与えすぎると、ほかのことに興味を持たなくなるので、ほどほどにした方がよい」とのことなので、なるべくマタタビは出さないようにしている。
だが、最近、火災報知器の点検の人が来たり、1日に何回も宅配便が来たりして、ダミちゃんがナーバスになっている(気がする)ので、ご機嫌をとってみようかと。

物置からマタタビの袋を取り出したら、とたんに大騒ぎ。袋入りなのにわかるのか? 人間には全然感じないけれど。
中身の粉を手のひらに乗せて差し出したら、目の色を変えて舐め始めた。そして、あらかたなくなると、カプッと噛みついてきた。…うーむ。ほかの家の猫はどうなんだろう? 昔実家で飼っていた猫は、あまりマタタビに反応しなかったから、比較にならんしなぁ。

その後、適当な所で切り上げたら「マタタビ…、マタタビ…、どこにゃ〜っ!」って感じでウロウロしていた。ちょっと健気だった。

3/2:去年のクリスマス直前号

(撮影日:2004/11/17)

今日は特にネタがないので(そりゃ一日中寝てたら、ネタもなくなるさ…)、去年の12月に撮った写真でごまかしてみる。
ダミちゃんが抱えているのは、某デパートのクリスマスグッズカタログ。
「ダミちゃんにもクリスマスプレゼントをっ!」と主張してたのかもしれない。そうじゃないかもしれない。

3/4:雪

(撮影日:2002/12/09)

うちのあたりは、基本的に雪は降らない。降っても年に1〜2回。5cm積もったら「大雪」と呼ばれる地方である。
さて、こんな場所にも、今日は雪が降った。当然ダミちゃんは興味を示すかと思いきや…。

無視かよ(苦笑)

そういえば、前に、ダミちゃんが雪を見ているところを写真に撮ったよなーと思って、古いデータを探したら、去年どころか一昨年に遡ってしまった。去年は雪が降らなかったんだっけ? 降らなかったかもなぁ…

というわけで、2年前の写真。ダミちゃん自体は、あんまり変わってないです。

3/5:ダミちゃんのトイレ事情

ダミちゃんは、トイレに関してはちょっとうるさい。
最初、引き取ってきたばかりで、トイレ砂の手配が間に合わなかったときは、段ボール箱に大きなビニール袋を敷いて、ちぎった新聞紙を入れてみたが、これは結局使わなかった。
(使う前に、頼んでおいたトイレセットが届いたので)

次に使ったのは、フード付きの猫トイレ+小粒の紙砂。
これはダミちゃんはお気に入りだったけれど、すぐ紙砂が粉になってしまって、トイレのたびにダミちゃんが真っ白になってしまった。

そこで、あまり砕けないらしい小粒の固まる砂(紙じゃないと思うが、原料は忘れた)に変えてみた。
ところが、これは何が気に入らなかったのか、使いたがらなかった。トイレを覗き込んで、飼い主を見て「これじゃイヤだ〜」と言わんばかりに鳴くものだから、さすがにやめた。
急に全部変えたのがいけなかったのだと思うけれど、そこまで嫌がるなら、無理に変えるメリットもないなぁと思ったので。

その後しばらくして、思い切って、某メーカーの「臭わないトイレ」に切り替えてみた。
これなら絶対にダミちゃんが白くなったりしないはずだ。

前例があるので、最初は無理かなと思ったのだが、案外スムーズに移行できた。…と思ったのは最初の1回だけ。その後、ガンとして使おうとしない。どうやら、砂が硬くて重いのが気に入らないようだ。
だが、こちらも、高い金払って用意したものだし(笑)、最初に1回使ったということは、いつかは使うようになるだろうと思って、頑張って教育中。

それから1年ちょっと。臭わないトイレを人がいつもいる暖かい部屋のそばに置き、紙砂トイレをちょっと離れた寒い部屋に置いている。「小さい方」は臭わないトイレの方でするが、「大きい方」はどうしてもダメなようで、したくなると「寒いよ、暗いよ、怖いよ」と文句言いながら、紙砂トイレまで走っている。

3/6:今日のにゃんこ

(撮影日:2005/02/27)

今日は、メモリカードリーダーを繋ぐところまで。
ちょっと画像が暗いけれど、修正するソフトを入れてないので、とりあえずこんなところで。

3/7:なんとなく対抗してみる…

(撮影日:2003/06/25)

足のアップがあったので、尻尾のアップで対抗(笑)

ちなみに、親バカ写真集を作ったときに、これを裏表紙にしてみました。
表紙は肉球のアップです。

3/8:「ケンタそっくりコンテスト」にエントリー♪

(撮影日:2005/03/02)

早速、参加賞を(勝手に)いただいてきました(笑)
ダミちゃんとケンタ君が似ているポイントといえば…。茶トラで口の周りが白いところ。ほら、遠目に見たらそっくりでしょ♪
足とか尻尾も、結構似てると思いますよー♪

3/9:昨日の写真はちょっと暗かったので、補正してみました

(撮影日:2005/03/02)

ダミちゃんの写真を撮るときは、フラッシュを焚かないことにしています。フラッシュを焚くと、目が光って恐いです。ダミちゃんもびっくりするし。
そうすると、昼間ならまだしも、夜は真っ黒な写真になってしまいます。それが昨日の写真。
昨日は、忘れないうちにトラックバックして写真も貼りたかったので、そのまま使ってしまいましたが、普段は明度とコントラストだけは補正して、綺麗に見えるようにしています。それが今日の写真。
トリミングの位置が少し違いますが、もともとは昨日のと同じ写真です。

ええ、同じ写真2枚ですが? せっかく「いいお顔」で撮れたんだから、綺麗に載せてあげたいじゃないですか(←親バカ丸出し)

3/9:火災報知器

(撮影日:2004/10/31)
【クリックするとクイックタイムムービー再生(動画のみ、音声なし)。サイズは約300KB】

今日、突然、火災報知器が鳴る。
「何事っ?」と思っていると、「配線を確認してください」とのアナウンス。
最近の火災報知器は喋るんだ、賢いねぇ。…などと感心している場合でもない。そういえば、点検のときは「火事です」って言ってたな。警報の音も違ってた。
ということは、配電盤周りの異常? っていうか、うち、一般家庭ではありえない電気の使い方してるからなぁ…(汗)

というわけで、一通り家の中をチェックしたが、変わったことはない。
このチェックの間も散発的に警報が鳴るので、ダミちゃんは脅えてるだろうなぁと思ったが、警報を止めるためにも、確認と管理人室への連絡が優先である。
結局、誤動作だろうという結論になって、管理人室を呼び出したが…。出ない。肝心な時に見回りに出ているようだ。なんてこったぃ。
ともあれ、何がどうなったというわけでもなく、警報は止まった。

さて、ダミちゃんはといえば…。ずっとコタツの中にもぐっていた様子。
「なんだ、心配するほどのことはなかったな」と思ったが、その後、私が部屋を出たり入ったりしていると、いつの間にか足元にまとわりついてきた。
どうやら、さっきまで、あまりにビビって外に出られなかったのが、少し落ち着いたので、人の側にいたくなったらしい。………かわいいヤツめ(<親バカモード全開)

※ちなみに上の写真は、今日の写真ではなく、配管の点検があった日に、点検作業員を遠巻きに眺めていたダミちゃんです。


戻る