Zaurus
COLOR パワーザウルス

MOREソフト 展示室

LfLogBrowser

[1999.10.11 更新]

【 ソフト名称 】 LfLogBrowser : 通信記録/テキスト閲覧ソフト Ver. 1.13
【  登録名  】 WLF1.ZAC  WLF1EX.ZAC
【著作権所有者】 石田 徹 (L.Force)
【   連絡先   】 PDC00353(@)nifty(.)com  L.Force(@)mikeneko(.)com
【  対応機種  】 ザウルスMIシリーズ
【  動作確認  】 MI-10、MI-506、MI-610、MI-310、MI-EX1(専用版も有)
【 ソフト種別 】 フリーソフトウェア
【  転載条件  】 メールによる許諾が必要
======================================================================
■LfLogBrowser について
 LfLogBrowserは、ザウルスMIシリーズの通信記録やパソコンデータ
として転送した、NIFTY SERVEのログや、テキストファイルを閲覧するた
めのMOREソフトです。

 ザウルス内の通信記録ビューアに比べて次のような特徴があります。
・発言一覧の表示
・ログを発言単位に表示し、1タッチで閲覧
・発言単位でバッファに複写
・しおりを挟んで簡単表示
・電源を切っても閲覧画面を再現するレジューム機能(ON/OFF可)
・1MBを超える大容量のファイルも閲覧可能
・パソコンで巡回したログや、その他のテキストもなども閲覧可能
・改行の省略機能により、大きな文字でも読みやすい
・データ(ファイル)をカードやパソコンデータに複写/移動できる
・検索機能に対応


■使用条件
 LfLogBrowserはフリーソフトです。
 使用するに当たって使用料を支払う必要はありませんが、諸注意/免
責等の項に記述されている項目を遵守する必要があります。
 この説明文の最後の方にありますので、必ずお読み下さい。


■インストール
 ザウルスでアクセスしている場合はここから直接ダウンロードできます。

 パソコンでアクセスしている場合はダウンロードしたWLF1.ZACまたは
WLF1EX.ZAC(MI-EX1専用版)をザウルスに転送し、ザウルスのMOREソフト
画面で[展開]します。
 転送には色々な方法がありますのでいくつかの例を示します。
・ザウルスパワーコネクションv1.1以降で転送する。
 (v1.0の場合はザウルスプラザからv1.2へのアップデータをダウンロー
  ドする必要があります)
・SZABホームページ(http://www.sbc.co.jp/szab/)に登録されている、
  MOREソフトダウンローダで転送する。
・MZ-Link Color、オフィスデforザウルスなど他社製のリンクソフトで
  転送する。
・PCカードスロットを搭載したパソコンにより、ATAカードの__ZAURUSデ
  ィレクトリに直接コピーする。

 なお、レジューム情報やしおりの内容はMOREソフトを削除すると一緒
に削除されます。
 できるだけ、削除しないで展開し、[上書き]して下さい。
 上書きした場合は、基本的に元の設定をそのまま使います。
(バージョンアップの内容によっては古い設定ファイルが使えないこと
があるので、その場合は上書きしても設定が初期化されます)
◇Version 1.03で、設定ファイルの形式を大きく変えているために、
 Version 1.02に[上書き]をしても、レジュームやしおりの設定は初期
 化されます。
◇MI-10ご利用の方へ
 ・MI-10ではMOREソフトの展開で上書きができないため先に旧バージョ
  ンを削除する必要があります。
 ・独自の分割条件を設定している場合は、設定内容をレポートなどに
  複写しておくことをお勧めします。
 ・MI-10でこのソフトのバージョンアップ(削除&展開)をした場合は、
  実行前に一度リセット操作を行って下さい。


■LfLogBrowserの使い方
 ◇ファイル選択画面
   ファイル(通信記録)を選択します。
   必要に応じて、レジュームON/OFF、表示対象データ(*)の切り替え
  を行います。
   独自の分割条件を設定している場合は、分割条件もここで選択し
  ます。(内容が登録されていない条件を選択した時は標準と同じ動作
  になります)
   右上のシークレットボタンで、ファイルのシークレット設定を切り
  換える事ができます。(但し、本体(LOG)は、シークレットにはできま
  せん)
   シークレット設定されたファイルは、ザウルス本体のシークレット
  設定が有効になっていると表示されません。(しおりやレジュームでも
  開かなくなります)
   このソフトを起動しているときに、本体のシークレット機能の設定
  を変えて、すぐにこのソフトに戻った場合は、ファイル一覧が更新さ
  れません。表示対象データを選択しなおすとシークレットファイルが、
  表示(または非表示化)されます。
   レジュームをONにしていると、LfLogBrowserをクローズしたり、
  電源を切ってもレジューム機能が働くようになります。
  * 表示対象データは次のように対応しています。
   本体(LOG):本体メモリの通信記録
   本体(DOC):本体メモリのパソコンデータ
   Card(DOC):カードメモリのパソコンデータ
   ATA(LOG) :ATAカードルートディレクトリの.LOGファイル
   ATA(TXT) :ATAカードルートディレクトリの.TXTファイル
   Card(LOG):カードメモリの通信記録
   本体(ZBK):本体メモリのザウルス文庫
   Card(ZBK):カードメモリのザウルス文庫
   (ATAカードは、MI-10では利用できません)
 ◇テキスト一覧画面
   読みたいテキスト(発言)を選択します。
 ◇テキスト閲覧画面
  ・テキスト表示欄にタッチ:
    上半分にタッチで、前ページ又は前のテキストの最終ページを
   表示、下半分にタッチで、次ページ又は次のテキストを表示しま
   す。
   * 画面下半分をタッチして読み進むのがお勧めです。
  ・[▲]/[▼]:
    表示中のテキストの先頭/末尾に移動します。
    (上下に文章があるかどうかののインジケータを兼ねています)
  ・逆送り/順送り:
    行単位で画面をスクロールします。(オートリピート)
    メニュー表示中は画面がちらつきますが仕様です。
    (機種や文字サイズにもよりますが、メニュー表示中の方が速
     い場合があったりします)
  ・光送信/受信:
    前のテキスト/次のテキストに移ります。
  ・機能+逆送り/機能+順送り:
    文字の大きさを変更します。(4段階)
    ※検索モードでは、前検索/次検索になります
 ◇ユーザー設定画面
  ・文字サイズの指定
    [08]/[12]/[16]/[24]により文字の大きさを変更します。
    テキスト閲覧画面のキー操作でも可。
  ・表示色の指定
    R/G/Bスライダにより表示色を変更します。
    [文字色]/[背景色]の選択により、操作する色を選びます。
  ・改行省略機能の指定
    「大きめ文字では改行を適当に省いて読みやすくする」のチェ
   ックにより、最小(08)フォント以外で改行省略機能を使うかどう
   か決めます。
   (改行省略機能を使うようにした場合、行末の文字が、全角の平
    仮名/カタカナ/漢字/読点/長音記号で、次の行の最初の文字が、
       全角の平仮名/カタカナ/漢字/読点/句点/長音記号の場合、改行
       を省略します)
    なお、複写時には改行省略を行いません。
 ◇メニュー
  ・複写
    テキスト閲覧画面に表示されているテキストをバッファに複写
   します。
  ・》複写(引用複写)
    テキスト閲覧画面に表示されているテキストに引用符を付けて
      バッファに複写します。
    NIFTYの会議室の発言の場合は、最初に発言用のヘッダが、最
   後に完了コマンド(/POST)が付加されます。
  ・+複写(追加複写)
    テキスト閲覧画面に表示されているテキストをバッファの内容
   に追加します。
  ・》+複写(追加引用複写)
    テキスト閲覧画面に表示されているテキストに引用符を付けて
   バッファの内容に追加します。
  ・しおりを挟む
    テキスト一覧画面、テキスト閲覧画面でしおりを5つまで挟ん
   でおくことができます。
  ・しおりを開く
    挟んだしおりを開き、画面を復帰します。
    通信記録が削除された、カードが抜かれたといった理由でしお
   りを開くことができなかった場合はファイル選択画面に戻ります。
  ・検索
    入力した文字を検索します
    検索処理実行後は、「検索」ウィンドウが表示されて検索モー
   ドになります。
    検索モードでは、機能+逆送り/機能+順送りで、前検索/次
   検索を行うことができます。
    [終了]ボタンを押すと検索モードを終了します。
  ・Copy/Move
    選択している通信記録(またはパソコンデータ)を指定の宛先に
   複写又は移動します。
    ATA(TXT/LOG)宛の場合は、8文字以内のファイル名を入力しま
   す。拡張子は自動的に付加します。また、使用できる文字は、半
   角英数と、アンダースコア(_)、チルダ(~)のみです。
    本体/Card(DOC)宛の場合は、タイトルとなりますので、8桁以
   内の任意の文字を入力できます。
    なお、本体/Card(DOC)宛に、「制御文字を空白化」のチェック
   を外して複写/移動したデータは、以上動作の原因となりますので
   インクワープロへの「PC読込」を行わないで下さい。
  ・削除
    選択しているファイル(通信記録)を削除します。
  ・設定(ファイル一覧画面)→分割条件編集
    NIFTYのログ以外を読む場合など、好みの条件でテキストを分割
   して閲覧できます。
  ・設定(テキスト閲覧画面)→ユーザー設定
    ユーザー設定画面を呼び出します
  ・設定(テキスト閲覧画面)→表示色切換
    選択するたびに表示色を切り換えます。全6パターン。
    (ユーザー設定画面で設定した色を書き換えますので注意)

 終了したい場合は、左上のクローズボタンを押します。
 クローズを使わずに他の機能に切り換えた場合は、レジュームのON/
OFFに関わらず、再度ログブラウザに切り換えても元の画面に復帰します。
 MI-10以外では、起動したまま電源を切った場合、自動的に再起動され
ます。起動されているとインデックスに表示されるので、オリジナルメ
ニューの無いMI-500/MI-100では実行操作が簡単になります。
 なお、このソフトを起動して他の機能を操作している状態で消費する
メモリは1KB程度です。


■アイクルーズ対応について
 アイクルーズの、スクロールボタン/決定ボタン/戻るボタンに対応
しています。
 各画面での操作は次の通り。
 ◇ファイル選択画面
  ↑/↓:選択項目の移動
  ←/→:リストのページ戻し/送り
  決定 :ファイルを開く
  戻る :リストの先頭へ
 ◇テキスト一覧画面
  ↑/↓:選択項目の移動
  ←/→:リストのページ戻し/送り
  決定 :テキストを開く
  戻る :ファイル選択画面に戻る
 ◇テキスト閲覧画面
  ↑/↓:1行スクロール([機能]+で文字サイズ変更)
      検索モードでは、[機能]+で前検索/次検索
  ←/→:前テキスト/テキスト
  決定 :次ページ
  戻る :テキスト一覧画面(orファイル選択画面)に戻る


■アイゲッティ対応について
 アイゲッティの、スクロールボタン/決定ボタンに対応しています。
 各画面での操作は次の通り。
 ◇ファイル選択画面
  ↑/↓ :選択項目の移動
  →/決定:ファイルを開く
 ◇テキスト一覧画面
  ↑/↓ :選択項目の移動
  →/決定:テキストを開く
  ←   :ファイル選択画面に戻る
 ◇テキスト閲覧画面
  ↑/↓ :前ページ/次ページ
  ←/→ :前テキスト/テキスト
  決定  :テキスト一覧画面(orファイル選択画面)に戻る


■一歩進んだ使い方
 ◇パソコンの通信ログをザウルスで読む。
   ログファイルの「拡張子をDOCに変更して」、ザウルスパワーコネ
  クションで、「パソコンデータ」に転送するだけです。
   カードスロットの付いたパソコンとATAカードをお持ちの場合は、
  「拡張子がLOG又はTXTのファイル」をATAカードのルートディレクト
  リへ、または、「拡張子をDOCに変更して」__ZAURUSに直接コピーし
  ても読むことができます。
   特に、NifTermの通信ログ(yymmdd.LOG)の場合、デリミタ( ^H)を
  解釈するようにしているので、発言分割が比較的正確に行われます。
   NifTermのテキストファイル出力機能で作成したファイルもそのま
  ま利用できるので、1会議室の発言を丸ごと持ち歩くこともできま
  す。(発言の順序を発言順又はツリー順に整理するために、会議室ロ
  グをそのまま転送するのでなく、テキストファイル出力したファイ
  ルを使うことを勧めます)
 ◇ザウルスの通信記録をパソコンで読む。
   本体(LOG)のデータを本体/Card(DOC)に複写/移動すると、インク
  ワープロをPC送出したのと同様の状態になりますので、ザウルスパ
  ワーコネクションによりパソコンに転送して利用できます。
   また、カードスロットの付いたパソコンとATAカードをお持ちの場
  合は、ATA(LOG/TXT)に複写/移動したファイルを直接操作できます。
 ◇通信記録を保管
   本体の通信記録は、最近の20データまでしか保管されないので、
  古いデータは削除されてしまいます。保管しておきたいデータはど
  こかへ移動しておけば、いつまででも保管できます。大容量のデー
  タなどは、カードに保管しておくのがお勧めです。
 ◇長文のテキストを読む
   通信記録以外の巨大なテキストも読み込むことができますので、
  青空文庫など長文のテキスト閲覧にも使用できます。分割条件にあ
  わないデータを読む場合は、レジュームをONに設定し、しおりも利
  用するのがお勧めです。
   章立てなどに規則性があれば、分割条件を設定することで読みや
  すく表示できます。


■テキスト分割の仕組み
 「標準の分割」では、次のような条件の行が現れたときにテキスト(発
言)を分割しています。
 '%%%%%/%%%%% @@@%%%%%  '
 '%%%/%%%   @@@%%%%%  '
 '- F'
 '- S'
 '- M'
 '<'
 '?% ???????????????????@@@%%%%%  %%/%% %%:%%'
 '?% ???????????????????@@@%%%%%          %%/%%/%% %%:%%'
 %は任意の数字、@は任意の英字、?は任意の文字を表し、それ以外の文
字は、特定の文字を表します。
 行の先頭からのパターンが、上の何れかに当てはまる場合、そこをテ
キストの区切りとして分割しています。
 上の条件のいずれかに当てはまるような行を挿入することで、NIFTY
のログ以外の、長文のテキストも閲覧できるようになります。


■テキスト分割条件の編集
 分割条件を独自に編集することで、NIFTYのログ以外のテキストを、
より読みやすく閲覧する事ができます。
 分割条件は、ファイル一覧画面で、設定→分割条件編集と操作すると
表示される分割条件編集画面で設定します。
 設定したい条件の番号を選び、前項のテキスト分割の仕組みに習って
分割条件を編集し、[登録]を押します。
 [標準呼出]を押すと、標準の分割をベースにして、独自の条件を設定
することができます。
 なお、改行のみ(スペースも含まない)の行は分割条件として機能しま
せん。また、80桁を超える条件については、80桁目より後は無視されま
す。
 [削除]を押すと、分割条件を削除できます。
※本体機能のバグ(MI-500/MI-600で確認)を回避するため、MI-10以外の
 機種では、条件入力欄でペンを上から下に向かってスライドしてスク
 ロールされたとき、画面外にスクロールアウトした部分の文字選択が
 外れるようにしています。1画面分以上の範囲を選択したいときは、
 カーソルを選択したい範囲の末尾まで移動させてから、下から上に向
 かってスライドさせて下さい。


■アイクルーズ専用版について
 アイクルーズ専用版では、VGA画面に対応した画面周りの調整を行っ
ていますので、リスト周りでの一覧性が向上しています。
 また、テキスト閲覧画面では、128桁×37行〜26桁×8行までの10種
類のフォントを利用できます。
 その他の操作周りの仕様については、通常版と同じです。


■シークレット機能について
 ファイルをシークレットに設定すると、永久保存版にしたいデータや、
他人に安易に見られたくないファイルを普段は表示しないようにできま
す。
 しかし、暗号化をほどこしているわけではないので、カードに入れた
ファイルをパソコンで開いた場合や、シークレットデータを(本体のシー
クレット設定が有効の場合でも)開ける他のMOREソフトを使った場合には、
簡単に中身を見られてしまいますので、ご注意下さい。


■検索機能について
 検索モードはこのソフトを前面で実行している間保持されます。
 検索モードを解除しないで他のファイルを表示すると、同じ検索文字
列で、前検索/次検索を行うことができます。
 なお、検索モードを解除しても、このソフトを前面で実行している間
は前の検索文字列を保持しています。

 現在は以下の制限があります。
 ・OR検索には対応していません
 ・大文字/小文字、全角/半角を区別しない検索には対応していません
 ・検索モードは、本ソフトを終了させたり、他のアプリに切り換える
  と解除され、検索文字列もクリアされます


■制限事項
 ・一覧できるファイルは、128ファイルまで。
 ・テキスト一覧画面の項目数は、5000件まで。
 ・テキスト閲覧画面に表示できるのは、1件あたり約100KBまで。
    これを超える場合は分割して表示されます。
 ・分割条件の設定は、1条件あたり、4096Byteまで。
 ・しおりを挟むときと開くときとで文字の大きさの設定や改行省略機
  能の設定が違う場合、テキスト中の表示位置(行)が旨く再現できな
  いことがあります。
 ・しおりを挟むときと開くときとで、分割条件が編集されて変わって
  いる場合、しおりが正しく開けないことがあります。
 ・機種によっては、カードにファイルを複写/移動したときタイムス
  タンプが(実行した日時に)変わってしまいます。(MI-600ではOK、
  MI-500ではNGでした)


■トラブルシューティング
・もしも動作中にフリーズして、[切]も効かない状態になってしまっ
 たら、電池蓋スイッチを→[解除]→[ロック]して下さい。
・本体とカードにバージョンの違う同じMOREソフトが入っていると異常
 動作の原因となりますので、同じバージョンのソフトを入れるか、片
 側を削除して下さい。
・勝手に電源が切れるなど異常動作をした場合は、リセット操作(電池蓋
 スイッチを→解除→ロック)をしてからご使用下さい。
・このソフトに限らず、「プログラムに異常が発生しました。[電源切]
 又は[リセット]して下さい」というようなメッセージが出たときは、
 リセットすることを勧めます。電源切で使い続けると動作がおかしく
 なることがあります。
・複写したデータの貼り付けができなかったり、フリーズしたりする場
 合は、その機能で扱える文字数を超えている場合があります。
 文字数の上限は機能や機種によっても違うので、取扱説明書の仕様の
 欄を確認して、超過しないように気を付けてください。


■既知の問題
 テキスト分割について、比較的単純な条件にしか対応していないため、
誤った所で分割されたりします。(将来的には拡張予定)


■更新履歴
 v1.00 98.08.11
  ・第一版を公開
  v1.01 98.08.13
  ・一部のザウルス(個体)でフリーズしてしまう現象を改善。
  ・MI-10でも動作を確認。
  v1.02 98.08.17
  ・発言単位の複写機能を追加
  ・パソコンデータのタイトルを表示するようにした
  ・発言一覧画面の表示可能件数を5000件に拡張
  ・終了/電源切時にもレジュームする機能を追加
  ・しおり機能を追加
  ・その他細かな改善
  v1.03 98.09.28
  ・引用複写で、SUBとREの順序を逆にした
  ・発言内容表示画面にTOP/BOTTOMボタンをつけた
  ・上半分にタッチで前発言を表示するときに、前発言の先頭ではなく最終
   ページを表示するようにした
  ・1発言の制限を「1000行」から、「2000行、約100KBまで」に緩和した
  ・発言内容表示画面の文字の大きさを変更できるようにした
  ・ファイルの削除機能をつけた
  ・メニュー表示中に逆送り/順送りでスクロールすると画面が乱れ
   るバグを修正した
  ・表示色変更機能(暫定版)をつけた
  ・NIFTY発言の引用複写で、「/POST」の後に改行を付けないようにした
   また、それに続けて追加複写をした場合は「/POST」を取り除くように
   した。
  ・65535バイトを越えた複写は行わないようにした
  ・複写の時に文字数(バイト/2)を表示するようにした
  v1.04 99.1.5
  ・1行の表示可能桁数よりも1桁だけ桁数が多い行で、最後の文字が全角
   文字の場合、次の行の改行が正しく処理されず、改行マークが見えてし
   まう問題を修正。
  ・非サイクリック会議室でも引用複写で発言番号などを認識するようにし
   た。
  ・ユーザー設定画面を新設し、表示色の変更や、改行省略機能を付加した。
  v1.05 99.2.11
  ・改行省略機能で、長音記号(ー)も改行省略の対象に加えた。
  ・ATAカードルートディレクトリの*.LOG/*.TXTも扱えるようにした。
    ・分割条件に、'- S'(ステーション用)、'- M'(PATIO用)を加えた。
  ・1発言の制限を越える大きなデータは、分割条件に関係なく分割する様
   にした
  ・データのコピー/移動機能をつけた
   (これに伴い、CardのCOM??.LOGの表示機能を廃止しました。Cardに通信
   記録をコピーしている方は、Zaurus-PC Exchangeで本体に戻してから、
   コピー/移動機能によりカードに戻すなどして下さい)
  ・分割によって1行になってしまうときは分割を行わないようにした。
   (一覧と発言のヘッダが同じパターンのBBS向けの対応)
  ・1発言の制限を「2000行、約100KBまで」から、「約100KBまで、超過し
   た場合は分割」に緩和した
  ・ファイルの最終行に改行がないと、最終行が正しく表示できない問題を
   修正した
  ・分割条件を自由に設定する機能を付けた
  ・安全のため、複写の時、制御文字は空白に変換するようにした
  ・安全のため、パソコンデータに複写/移動する時、制御文字は空白に変
   換できるようにした
  ・その他、細かな修正
  v1.06 99.2.14
  ・v1.05で対応した「分割によって1行になってしまうときは分割を行わ
   ない」という変更点に、「直前の分割条件と同じ場合は」という条件
   を付加した(同時にファイルの先頭が分割条件にヒットした時に「ファ
   イルの先頭」という見だしになってしまう問題も修正)
  ・一覧にファイルが1件もないときに分割条件を編集できない問題を修正
  ・しおりを挟むときと開くときとで、選択している分割条件が違うと、し
   おりを正しく開けない問題を修正(但し、v1.05以前のバージョンで挟ん
   だしおりは正しく開けないことがあります)
  v1.07 99.4.17
  ・アイクルーズ/アイゲッティ対応
  v1.08 99.5.4
  ・v1.05で廃止した、Card(LOG)の表示を復活
  ・本体(LOG)/Card(LOG)からの複写/移動で初期表示されるファイル/タ
   イトル名の仕様を変更
  ・分割条件に名前を付けられるようにした
  ・アイクルーズのハードボタン操作方法を変更した
  ・タイトル一覧の表示をチョットだけ高速化(6〜7%up)
  ・VGA画面に対応した、アイクルーズ専用版を作成
  v1.09 99.7.16
  ・ファイル中にEOF文字(0x1A)があっても、続きを表示できるようにした
  v1.10 99.8.15
  ・シークレット機能対応
  ・ザウルス文庫対応
  v1.11 99.9.2
  ・MI-310より前の機種などで、シークレット設定にしたファイルが
   (シークレット一時解除しても)リストに表示されないバグを修正
  ・同じくMI-310より前の機種でも、シークレット設定されたファイ
   ルの削除/移動ができるようにした
  v1.12 99.9.29
  ・サイズ0のファイルを開こうとすると「メモリーが足りません」
   と表示され終了してしまい、加えてレジュームONに設定している
   と二度と起動できなくなるという問題を修正
  v1.13 99.10.11
  ・検索機能を追加

■サポート
 サポートは、NIFTY SERVE/FPDAJ/5番会議室で行います。
 ご意見、ご要望、ご質問等はこちらまでどうぞ。
(プログラムについての技術的な質問は8番会議室へ)
 ご意見、ご要望はメールでも受け付けますが、個別の回答は難しい場
合がありますのでご了承下さい。


■諸注意/免責等
 当方では、本体機能の障害、データの破損等を含め、本ソフトを利用するこ
とで生じた、いかなる損害・問題等について一切の非を負いません。
 また、明らかに本ソフトを使用したことが原因とみられる、本体の故障、デ
ータの破損については、シャープの製品保証の範囲外となりますのでご承知お
き下さい。
 なお、通信記録(本体(LOG))の削除や、通信記録からの移動と、ファイル名
へのチルダ(~)の使用は、シャープの仕様外の操作ですので、特にご注意下さ
い。


 雑誌/書籍等の添付CD/FD等に収録する場合は必ず事前に連絡し
て下さい。


■著作権
 本ソフトの著作権は、L.Force(石田 徹)が保有します。
 使用条件を外れた行為をしてはいけません。


※本バージョンを導入するとv1.02の設定情報はすべてクリアされます。m(__)m

 以上の説明を良く読み、納得した上でダウンロードしますか?
 はい(通常版アイクルーズ専用版) いいえ


LfLogBrowser用説明書(99.10.11 v1.13版)

 LfLogBrowser上で読める説明書です。
 ここをクリックしてダウンロードして下さい。
 MOREソフトと同様に展開して下さい。
 本体(DOC)またはCard(DOC)に、WLF1MAN.DOCというファイルが現れますので、これを選択すると読むことができます。
 この説明書は、LfLogBrowserを削除してもそのままのこります。削除したい場合は、他のファイル同様、ファイル一覧から削除するか、ザウルスのパソコンデータ機能で削除して下さい。
 

分割条件設定例

 ダウンロードしたら展開して下さい。
 MI-10の場合、該当する条件が入っていると展開できないので、先に[削除]しておいて下さい。
サンデーネットのログ(99.5.4版)
分割条件1にダウンロード
(サンデーネットを知らない人がダウンロードしても無用の長物です)

青空文庫、銀河鉄道の夜の場合(99.5.4版)
分割条件2にダウンロード
(本文は青空文庫のページから「銀河鉄道の夜」テキスト版をパソコンにダウンロードして別途ザウルスに転送して下さい)

光文社文庫[ザウルス文庫]の場合(99.8.15版)
分割条件5にダウンロード
文書はザウルス文庫 光文社電子書店にザウルスでアクセスし、購入して下さい。パソコンを使って購入される場合は、光文社電子書店[TOP]へどうぞ。


 このページについて、ZACファイルへの直接リンクや直URLの紹介は禁止させて頂きます。
 リンク/紹介したい場合は、このページ(html)または、上位のページ(html/shtml)を使用して下さい。

[MORE SOFT] [POWER ZAURUS TOP] [ZAURUS TOP] [HOME] (rule)
E-mail>L.Force(@)mikeneko(.)com or PDC00353(@)nifty(.)com