カラザウレポート:電池交換編

1996.12.14 更新

 「なんで、電池交換についてレポートを書く必要があるんだ?」とお思いでしょう。
 でも、書いておくべき事柄があるのです。

電池交換の効果
 カラザウ背面の電池ぶたスイッチを[解除]に合わせ、5〜10秒待ってから[ロック]に戻すと、本体の作業用メモリがリセットされます。(これをNIFTYでは簡易リセットと呼んでいます)
 作業用メモリとは空きフラッシュメモリの事ではなく、ユーザーの目に見えない作業域の事です。
 作業用メモリをリセットすると、「突如電源が切れる」,「メモリは十分に空いているのに、メモリが足りないと表示される」,「通信機能の指定領域取込が効かない」といった異常動作のうち、いくつかが解消されます。

電池交換の悪影響
 作業用メモリがリセットされると、以下のような事が起こります。

 電池交換をすると学習が失われ、交換をしないと異常動作を起こす。ちょっと困った造りですね。

 今のところのお勧めの使い方は...

 充電は毎日、本体で行い、動作がおかしくなったら電池交換ぶたを操作しリセットする。
 もしもの時の為に、充電済み予備バッテリを持ち歩く。
 もしもの時に自然放電してた、なんて事にならないように、予備バッテリーもたま〜にはアダプタで充電する。
といったところでしょうか。
[COLOR ZAURUS TOP] [ZAURUS TOP] [HOME] (rule)
E-mail>L.Force(@)mikeneko(.)com or PDC00353(@)nifty(.)com