カラザウレポート:インクワープロ編

1996.9.23 更新

 まだ、レポートと言える状態ではありませんが、取り敢えず、惜しいなぁと思うところだけでも...

【惜しい仕様】

 カラザウのインクワープロではインク文字だけでなく通常の入力ボードも使用できます。
 取り敢えず文章の入力をインクワープロで行うと、登録不要,最大文字数1万文字(非インクの場合),直書きインク文字混合といったメリットがあります。
 でも、次の仕様の為に惜しいなぁと思うんです。
◇遅延変換ができません
 一度確定した平仮名を反転し、[変換]にタッチして漢字に変換というのがインクワープロではできません。
 漢字が分からない熟語を平仮名で入力しておいて、後から漢字に変換するというのは、通常考えられる使い方だけに惜しいです。
 レポートとかに移すならそっちでやれば良いんですけど、直接FAXしようと思うと不便です。
 MI−20では絶対修正して欲しいけど、MI−10でもバグフィックスのついでで直せるものなら直して欲しいですね。

◇なぞって…ができません
 [なぞって検索]は、するのもされるのも不可です。
 まぁ、これは良いですけど、関連して[なぞって辞書検索]とか[なぞって計算]ができないのはチト痛いですね。
 遅延変換ができないから、かわりに辞書を使おうと思うと、複写&貼込が必要になります。

[COLOR ZAURUS TOP] [ZAURUS TOP] [HOME] (rule)
E-mail>L.Force(@)mikeneko(.)com or PDC00353(@)nifty(.)com