カラザウレポート:フラッシュメモリーカード編

1996.9.18 更新

 フラッシュメモリーは、大きく3つの使い方があります。
 メモリはそれぞれ別に管理されます。

1.全データバックアップ

 本体メモリの全データバックアップを一つだけとることができます。
 復元すると、現在の本体メモリの内容は全て失われます。
 バックアップ日時が表示されるのがちょっと親切ですね。

2.WWWブラウザキャッシュの保管


3.本体メモリの拡張として

 本体とは別にもう一組のメモリを使用できます。
 [カード]を押す都度、本体/カードが切り替わり、その状態は機能別に記憶されます。
 本体/カードのデータ通信の種類は以下の通りです。
全データの双方向コピー
 コピーすると本体とカードの全データは同じ内容になります。
 従来のRAMカードと同じ使用ですね。
フォトメモリーのコピー/移動
 フォトメモリーに限り、機能別/1件/指定以降の単位でデータをコピー又は移動できます。
 宛先は、追加か置き換えの指定ができますが、置き換えでは宛先のデータがクリアされます。
 フォトメモリーに関しては、常に移動をするのが良いと思います。
◆どうして、フォトメモリーにしか、機能別コピー/移動の機能が無いのか非常に疑問です。

◆欲しかったけど無かった機能


◇その他感想

 ボイスメモ何かのメモリを大きく消費する機能は、本体を使わずにカードメモリを使うのが良いですね。
 フォトメモリもカメラでとってはカードに移動してという感じで、本体は綺麗にして置くのが良いと思いました。
 情報ファイル単位/機能単位でカードにデータをどうしても写したい時は、一旦パソコンを経由すればまぁ可能ですね。
[COLOR ZAURUS TOP] [ZAURUS TOP] [HOME] (rule)
E-mail>L.Force(@)mikeneko(.)com or PDC00353(@)nifty(.)com