PowerPIMM レポート

Ver.3.0へのバージョンアップについての注意

1998.5.11 更新

 シャープのPIMソフト「PowerPIMM Ver.3.0」が発売になりましたが、現在旧バージョンを使っている人がアップデートインストールする場合に注意した方が良さそうな事があるのでご報告します。

□現象

 上書きインストール&データベースのコンバートというインストール方法を取ると、PowerPIMMが起動できなくなる場合がある。

□バージョンアップ前にすること

 旧バージョンのPowerPIMMで、PowerPIMMデータのバックアップをとっておく。
 インストールのガイドにも必ずバックアップをしてくれと書いてあると思いますが、「本当に必ず」バックアップをとって下さい。
 ザウルスとシンクロナイズをしている場合は、バックアップ前に一度シンクロナイズをしてザウルスとPowerPIMMの整合を取っておくのも忘れずに!

□上書きインストールでPowerPIMM Ver.3.0が起動できなくなったら…

 PowerPIMM Ver.3.0をアンインストール&再インストールして下さい。
 その後、旧バージョンのバックアップデータを使って、リストア処理をすればOKです。
 コンバートの必要はありません。
 なお、アンイストールをすると、データベースも削除されるのでご注意下さい。
(バックアップは残るはずです。不安なら他のフォルダにコピーしておいて下さい。)
 このあたりが、「本当にバックアップを」のゆえんでもあります。

□シンクロナイズを使っていた場合、再シンクロの前にすること

 リストアをするとシンクロナイズが解除されます。
 再シンクロの前に以下の操作をした方がよいでしょう。

 以上、ご注意を。


[ZAURUS TOP] [HOME] (rule)
E-mail>L.Force(@)mikeneko(.)com or PDC00353(@)nifty(.)com